掛川市不動産Home住宅にかかる税金

住宅にかかる税金


    住宅にかかる税金は・・・?

    私たちが日頃暮らしている住宅には、様々な経済的行為が生じており、税金もまた深く関わっています。

     ●新たに住宅を購入するとき
     ●既に持っている住宅を賃貸してそこから収入を得ているとき
     ●所有している住宅を売却するとき

    たとえば、上記、いずれの場合にも税金が関わってきます。

     住宅を賃貸してそこから収入を得ている場合は、不動産所得として所得税・住民税の一環で処理されます。
    これに対して、マンションや一戸建てなどの購入・売却をした場合は、多くの種類の税金が関わってきますの
    で注意が必要です。

     多くの人にとって、マンションや一戸建てなどの購入・売却は、経済的・財産的には一生の問題であり、
    人生設計を大きく左右します。住宅に関わる税金は金額も大きいので、購入時や売却時にしっかりと考慮す
    ることが必要です。

     また、政策的に利用されやすい税金であり、頻繁に変更されますが、一方で上手に利用すると納める税額
    を大きく減らすことが可能ですので、その動向には十分注意しましょう。

■住宅の取得時にかかる主な税金は?

    ▼不動産取得税
     不動産(土地・家屋)の取得に対してかかる都道府県税です。(1回だけ)

    ▼登録免許税
     新築建物に対して行なわれる所有権の保存登記、土地や建物の売買による所有権の移転登記、住宅
    ローンの借入れの際の抵当権の設定登記、贈与や相続による所有権の移転登記などにかかる「登記」
    の際の税金です。

    ▼消費税
     土地の取得については非課税ですが、建物の取得や売買手数料等に対しては取引価額の5%で課税
    されます。

    ▼印紙税
     住宅の売買やローンの契約文書について記載金額に応じて課税されます。

    ▼相続税
     住宅を相続によって取得した場合、取得時の価額に応じて相続税が課税されます。

    ▼贈与税
     住宅を贈与によって取得した場合、取得時の価額に応じて贈与税が課税されます。

■住宅の保有時にかかる主な税金は?

    ▼固定資産税
     1月1日現在、土地、家屋及び償却資産の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方が
    対象で、納税額は「課税標準額(課税台帳に登録されている価格)×1.4%」です。

    ▼都市計画税
     1月1日現在、土地、家屋の所有者として、固定資産課税台帳に登録されている方が対象で、
    納税額は「課税標準額(課税台帳に登録されている価格)×0.3%」です。

 
■住宅を譲渡(売却等)した時にかかる主な税金は?

    ▼所得税
    譲渡益に対して他の所得と分離して課税されますが、その税率は保有期間によって異なります。

    ▼住民税
    譲渡益に対して他の所得と分離して課税されますが、その税率は保有期間によって異なります。

    ▼印紙税
    住宅の売買やローンの契約文書について記載金額に応じて課税されます。

■住宅の賃貸等(不動産収入)に対しかかる税金は?

    ▼所得税
    賃貸収入などの不動産所得に対してかかります。

    ▼住民税
    賃貸収入などの不動産所得に対してかかります。

ページトップへ
Copyright (C) 金田工務店 All Rights Reserved.