掛川市不動産Home売りたい時

不動産を売りたい時


    不動産を売りたいときは・・・?

売りたいとき・買いたいとき不動産業者に仲介を依頼する時…媒介契約
     媒介契約は3ヶ月以内

3種類の媒介契約
     ☆一般媒介契約
     依頼する業者を1社に限定せず、重複して何社にも依頼をすることができる契約形式です。

     ☆専任媒介契約
     依頼できる業者は1社だけ、業者は契約成立に向けて積極的に努力をすることとなる契約形式です。
      ただし、依頼者本人が自ら発見した相手と契約する自由があります。業者は指定流通機構(レインズ)に
     物件を登録し、2週間に1回以上、依頼者に文書又は電子メールで連絡報告をする義務を負っています。
     不動産(土地・家屋)の取得に対してかかる都道府県税です。(1回だけ)

     ☆専属専任媒介契約
     依頼できる業者は1社だけ、依頼者本人が自ら発見した相手方と契約することが禁じられている契約形式
     です。業者は成功に向けて積極的に努力します。指定流通機構(レインズ)に物件を登録するとともに依頼者
     への連絡は、文書又は電子メールで1週間に1回以上の報告義務があります。
      

買い替えを考えている時
    (例)マンションを売って庭付き一戸建てに住み替えたい

     ●現在のローン残債の確認
      現在支払い中のローンの残高をチェックしましょう。

     ●資金計画をしっかり立てましょう。
      現在のマンションがいくらで売れるか、購入する住宅価格、諸経費など

     ●確実に売ることが先決
      買い替えは2つの売買を同時に進めることになります。現在すんでいるマンションを間違えなく売却し売却
      代金確実に手にしなければ、次に住もうとしている一戸建ての購入資金計画が崩れてしまいます。
      最悪な場合は、現在のローンと新しいローンの2つのローンを抱えることとなります。
    
借りたいとき・貸したいとき

    ●申し込み金と手付金の違い
     部屋を借りる時、何件かの物件を見た後、気に入った物件があり、契約前にその物件を押さえておくという
    意味で数万円のお金を預ける場合があります。この金銭は「申込金」といいます。
    よく誤解されるのが「手付金」ですが、手付金とは契約が成立後引き渡し前までに支払われる金銭で、契約代金
    の一部となります。それでは「申込金」とは契約前に預ける金銭で、万一その物件の申し込みをキャンセルした
    場合には、基本的には申込者に返却されるものです。ただし契約後は戻りません。

    ●隠れた部分は注意してチェックしましょう
     水周りや押し入れ、納戸といったとことはカビや水漏れがないか注意して確認。その場で業者や大家と交渉
    してもらってから入居することをお勧めします。前入居者の時に故障をしていても、入居後に気がつけば現入
    居者の責任として退去時に修繕費を請求されることがあります。
     また、水漏れの場合は、自分だけの被害にとどまらず、階下の入居者にも迷惑をかけてしまいますので、
    十分注意が必要です。万一に備えて保険に入っておくのも一つの方法です。

    ●契約前には重要事項説明を
     さあ、お部屋も見たし、気に入ったので即契約書にサインをしてしまうのはトラブルの元です。
    まず、建物の構造や設備等の説明をしっかり聞いてください。
     この説明を「重要事項説明」といい重要事項説明書には取引主任者の記名押印がされています。もちろん説明
    も取引主任者が行いますこれは必ず業者が行わなければならないものです。
    

    ●退去時に敷金は戻ってくるの?
     契約が満了している場合、敷金は戻ります。期間中はどのような事情があれ、戻ることはありません。
    敷金は仲介業者が管理を委託されていない限り「大家」が返却します。敷金が戻らないとしても仲介業者
    の責任ではありません、業者は入居の仲介を行ったのみです。部屋の修繕費用を敷金と相殺する場合は、
    現状回復義務の範囲、敷金が充当される予定の有無等が、契約書、重要事項説明書に記載されているかを
    確認の上、金額を見積書等で確認しましょう。



ページトップへ
Copyright (C) 金田工務店 All Rights Reserved.